平成29年度 海のこと情報コーナー

ししゃも漁終了、昨年の漁獲量を上回る

10月2日から始まったししゃも漁は、11月6日ししゃものが川への遡上が始まったの
で終了、最終日のこの日も10,833kgの水揚げがあり、鵡川漁協の総水揚げ量は、
72,630kgで昨年より22トンの増になりました。
出漁前の事前調査では、昨年ほどの期待が出来ないという結果でしたが、予想を上
回る結果に関係者も安堵しています。
   鵡川地区=62,277.5kg:105,271千円
   厚真地区=10,352.5kg:  18,585千円
また、秋サケ漁はまだ終わっていませんが、10月31日までに、74,029kg、
76,171千円の水揚げです。


むかわ町内の店舗では、昨年同様この光景が年末まで見られます( ◠ ◡ ◠ )

  お歳暮には「むかわのししゃも」を・・・‧⁺◟*✧₊✪͡◡ू✪͡
 


ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーー



ししゃも漁・順調に水揚げ

むかわ前浜でのししゃも漁、このところ順調に水揚げがありこのペースで行くと
昨年並みの漁獲量(50㌧)が期待出来ます。ฅ(≚ᄌ≚)


水揚げ、選別し漁協に届けられるししゃも

積み上げられたししゃも 1箱13kg

10月31日の競り結果 最高値=2,350円/kg 最安値落札値=2,134円/kg
11月1日にも約2㌧の水揚げ、後一週間ほど、このまま推移すると50㌧超えも?

マツカワやイシガレイも( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*

ししゃもと同じくらい捕れるのが、キュウリウオ、コマイ(ꀇȍꀇ)

幅1m以上の大型のエイ(≖╻≖;)

サメも捕れました( ☆゚)( ☆゚Å)(☆゚Å゚☆)━━!!!!


ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 


ししゃも漁・今日で10トンの水揚げ

10月2日から始まったししゃも漁、13日で約10トンの水揚げ量です。休漁日もある
ので1日平均すると、1トン強、昨年の50トンには届かないかも?


手際よく魚を分別するお母さん達、峰栄丸の皆さん

分別したししゃもを13kgで1箱

今日は24箱以上になるか?(13kg×24箱=312kg)

ししゃもの他にもカレイやキュウリ、コマイなどが一緒に捕れていました


ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーー




の水揚げ、久々の3トン超え

今年も不漁が予測されている鮭の定置網漁、10月2日は久々の3トン超え


朝日を浴び漁を終えて帰港する協栄丸

船底には鮭がビッシリ(˼●̙̂ ̟ ̟̎ ̟ ̘●̂˻)

タモ網とクレーンを使い選別台へ(∪´>‿<`)

オス、メス、サイズ、種類別に手際よく選別、魚が飛んでますヮァ(〃゚∀`,,)━ォゥ♪

あっという間にコンテナが満杯、フォークリフトで魚協内へ



ーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



むかわ『ししゃも漁』始まる

10月2日(月)今年のししゃも漁が始まりました。昨年は近年にない豊漁で浜も
活気づきましたが、今年の事前調査ではあまり期待できない結果のようです。
この日は、14隻が出漁188.3kgの水揚げがあり、1kg当たり3,958円で競り落
とされました。


午前6時30分に出港、魚場に向けてエンジン全開!!

漁は12時30分までだそうですが、早い船は10時前に帰港

浜では家族総出で魚を選別、ししゃもに交じってコマイ、キュリウオ、イワシ、カ
レイ、ソイなどが入っておりそれらを手際よく選別ฅ(≚ᄌ≚)

幸運丸さんが水揚げしたししゃも、1箱は13kgです♫꒰・◡・๑꒱

この日の全水揚げ、正箱(13kg)が11箱=143.0kg
        13kgに満たない箱10箱= 45.3kg   合計:188.3kg

写真右上から2段目の○中、舛岡水産が最高値3,958円/kgで全量落札
※↑↓をクリックすると大きくご覧いただけます↑↓※

この日ししゃもと一緒に揚がった魚も競りにかけられ、赤丸のところが落札!!



ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




鵡川漁港・ツブの水揚げ

8月1日、この日は早朝のため帰港している船が少なく、ツブ漁の第38峰栄丸を
 取材しました。


写真:ツブ漁は写真中央の篭にエサを入れ捕獲する

写真:毛ツブの選別

写真:タコツブ

写真:漁港倉庫にはタコがありました



ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



鵡川漁港・毛ガニ漁解禁、ヒラメも捕れています

室蘭市では毛ガニの水揚げが少なく、毛ガニ祭りが中止のようですが、
今日(7月14日)の鵡川漁港では毛ガニ、高級魚のヒラメなどが大漁に
揚がっていました(˼●̙̂ ̟ ̟̎ ̟ ̘●̂˻)


写真:甲羅の径、12cm前後が多いようです

写真:2つの大型のコンテナにビッシリ(-◞८࿆◟࿆-)

写真:ヒラメの大物は活かしたまま出荷

写真:サイズ別にセリにかける

写真:カスベも大漁に揚がっていました

写真:将来は「鰤」この大きさでは「ハマチ」か?
出世魚と言われるブリ、地方々で呼び名が変わるようですが、関東では大きさで次
のように言うようです。

モジャコ=幼稚園児=稚魚
ワカシ =小学生 =35cm以下
イナダ =中学生 =35~60cm関西や北海道ではハマチとも
ワラサ =高校生 =60~80cm
ブリ  =社会人 =80cm以上


ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー





鵡川漁港浚渫工事間もなく終了か

6月から行われていた漁港の浚渫工事、港湾内が終わり現在入口付近を掘削中


写真:ロングアームの掘削機で土砂をすくいあげる

写真:帰港する漁船の安全を確認しながら、土砂を船へ積み込む。
   カモメも工事の安全を監視中?

写真:港湾の近くで操業中の漁船


ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー



むかわでもホッキ漁始まる

6月休漁していたホッキ漁が、7月1日から解禁、鵡川漁港でも早朝から10隻余り
が出漁、各船予定の漁獲量を水揚げしていました。


写真:漁を終えて帰港した、幸運丸

写真:今日の漁獲、コンテナ7個(1個:約60kg)

写真:巻上げ機を使い荷上、漁港職員もお手伝い

写真:10.5cm、多きものでは12cm以上も

ホッキ漁以外でも、多種多様な魚貝類が揚がりました


写真:タコツブ

写真:60cm以上のヒラメ

写真:カレイ類は多種

写真:ハッカク、1年中捕れます

写真:ムラサキウニの仲間

写真:カスベも1年中捕れます

写真:たこ



ーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーー





鵡川漁港内浚渫工事中

昨年の台風の影響で港湾内に土砂が堆積、漁船の運行に支障となるため、
現在浚渫工€事中!!



写真:バックホーで掘削

写真:水切りをして

写真:サルベージ船へ



ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー




鵡川漁港ではヒラメ、宗八などが揚がっています

ホッキ貝は今月は休漁ですが、ツブ貝、ヒラメ、宗八、カスベ、ハッカクなどが毎
日順調に揚がっています。


写真:60cmの高級魚マツカワも

写真:ハッカク

写真:煮つけに手ごろなヒラメ

写真:アンコウ、お腹に手みたいな足みたいなヒレ?がある

写真:良型のカジカ

写真:1m以上の大型のカスベ

写真:これも1m以上のタコ

写真:タコツブ



ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー




鵡川漁港で揚がる早春の魚を紹介

厳しい冬も終わり比較的穏やかな漁が続く昨今、今捕れている魚貝類を紹
介します。

※写真をクリックすると大きくご覧いただけます※

写真:1mオーバーのサメが出迎えてくれました

写真:家庭でも「さばき」易そうなカジカ

写真:40cmのクロガシラ

写真:時期を選ばず、いつでも捕れるカスベ

写真:9~10cmのホッキ

写真:砂カレイなど

写真:頭の大きさ25cmのタコ

写真:タコツブ

写真:カタツムリのように、角を出してる毛ツブ

写真:今が旬ではありませんが、たらも1年中捕れます

写真:ヒラメなどの刺身用高級魚は生簀で保管、
           品定めをして下のバケツで持ち帰り





ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー