移住情報
むかわ町への移住・定住 「むかわに住んでみませんか?」
むかわ町は、道央圏の南方に位置し、北海道の文化・経済の中心都市である札幌市や空の玄関千歳市、
海の玄関苫小牧市に近く、日高・十勝方面への交通の要衝にあります。

【移住情報】まちの概要やセールスポイント

まちの概要やセールスポイント
まちの概要やセールスポイント
●人口:10,700人(平成17年国勢調査)
●面積:712.91平方キロメートル
●人口密度:1平方キロメートルあたり15人(平成17年国勢調査)
●高齢者比率:29.27パーセント
むかわ町は、道央圏の南方に位置し、北海道の文化・経済の中心都市である札幌市や空の玄関千歳市、海の玄関苫小牧市に近く、日高・十勝方面への交通の要衝にあります。
東西及び北部の三方が日高山脈系の外縁部に囲まれ、南部は太平洋に面し、全国でも屈指の清流度を誇る一級河川「鵡川」が南北に貫流しており、海・山・川そして田園風景と多彩な自然環境に恵まれています。


【移住情報】首都圏からのアクセス

首都圏からのアクセス
首都圏からのアクセス
東京羽田空港から新千歳空港を経由する場合
東京羽田空港から新千歳空港まで、航空機でおよそ90分
新千歳空港から道央道と日高自動車道を経由してむかわ町まで、車でおよそ45分
およそ2時間30分でむかわ町鵡川地区に着きます


【移住情報】住まい情報

住まい情報
住まい情報
町で分譲している「四季の里・豊城(むかわ町豊城)」では、704.76平方メートル(残り3区画)と785.66平方メートル(残り3区画)で売り出ししています。(1平方メートルあたり2,730円)
約200坪が193万円から215万円。インターチェンジから5分の好立地です。
また、個人が所有している賃貸住宅が多数ありますので空き家バンク物件一覧から検索してください。


安心して元気に暮らす

高齢者生活交流センター「ひだまりの里」は、田浦地区の旧小学校舎を活用した施設であり、通年、入所者を募集しています。

病院は3箇所(鵡川厚生病院、たんぽぽクリニック、穂別診療所)、歯科医院は6箇所あり、安心して生活できます。


安心ハウス

入居一時金が定額で、概ね年金の範囲内で暮らせる食事・介護付きの民間施設として高齢者生活交流センター「ひだまりの里」が、ご利用できます。


楽しく暮らす

平成18年3月に旧穂別町と旧鵡川町が合併し、穂別地区の地球体験館博物館キャンプ場、また、両地区には温泉(四季の館樹海温泉はくあ)、4ヶ所のパークゴルフ場など、運動施設も充実しています。


便利に暮らす

空路は、新千歳空港から車で約45分、JRは、苫小牧駅から日高線鵡川駅まで約30分、車では、道央自動車道苫小牧東インターから日高高規格幹線道路鵡川インター下車約20分、フェリーでは、苫小牧東港フェリーターミナルから車で約15分であり、車での交通の便は大変良好です。


その他

行政面積の約95パーセントが山林で、国・道・町有地などで山菜取りや森林浴が楽しめます。たまにヒグマが出没するほど自然豊かな町です


関連サイト