産地直送!第8回むかわグルメフェスタinオータム開催

 9月11日(日)秋晴れの中、「第8回 むかわグルメフェスタinオータム」が3年ぶ

りに道の駅むかわ四季の館特設会場で開催されました。町内外から約3,000名が来場!

むかわ町のグルメを満喫しました。

 ステージでは鵡川高校吹奏楽演奏から幕を開け、ファイターズガールによるダンス

ショーやHAMBURGER BOYSの3人がむかわ町を題材にした「MUKAWA NO SHISH

AMO」を熱唱しました。毎回恒例のホッキのつかみ取り選手権では町外から参加して

くれた方もいました。また、小学生以下限定の魚介類つかみ取りも行われ、必死に魚

を追いかける子どもたちの姿が見られました。

鵡川高校吹奏楽演奏

竹中喜之町長「今できる対策を徹底し、今だからこそのグルメフェスタでむかわの秋

のグルメを楽しんでください」と挨拶しました。

飲食エリア、ご家族でグルメを満喫していました!

出店エリア、鮮魚発売やむかわ和牛バーガー、むかわキンパ、ホッキカレーなどたく

さんの出店がありました。

「ホッキのつかみ取り選手権」一位のチームにはホッキ30個がプレゼントされました。

「魚介つかみどり」恐る恐る魚に近づく子や必死に魚を追う子、みんな大きな魚をつ

かみ取りしました。

「ファイターズガールダンスショー」今話題のキツネダンスを披露!ステージ前には

キツネ耳を付けた方やユニフォームを着ている方もいました。

HAMBURGER BOYSの3人が「MUKAWA NO SHISHAMO」などを熱唱!会場は大

いに盛り上がりました。

「はし1グランプリ」

「化石発掘体験」

イベント最後にはむかわ建設協会による恒例の餅まきがあり、盛況のうちに終了しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3年ぶりにむかわグルメフェスタ開催

 

9月11日(日)第8回 むかわグルメフェスタ inオータムが3年ぶりに開催されます。

むかわ産食材を使ったグルメはもとより、ホッキや魚介のつかみ取り、鵡川高校吹奏楽

演奏、空手少年団空手演舞、ファイターズガールなどのステージショーも盛りだくさん

です。  皆様のご来場をお待ちしています。

詳細は下のチラシをご覧ください。チラシをクリックすると少し大きくなります。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 


むかわ前浜地引き網体験のお知らせ

 

9月24日(土)幼児、小中学生及び保護者・一般の方を対象に開催されます。

漁師の気持ちを体験してみませんか?

詳細はチラシをご覧ください、チラシをクリックすると少し大きくなります。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 


3年ぶりに「むかわ幸福寄席」が開催されました

 

8月28日(日)3年ぶりに「むかわ幸福寄席」が開催されました。会場となった法城寺(むかわ町大原)の

本堂には、約20名が来場しました。

詩人・桑原滝弥さん、桑原さんの妻であり講談師・神田京子さん、桑原さんと親交のあるコントユニット・レンコンズさんとむかわ町出身で詩人の大江那果さんが出演し、胆振東部地震の被災地域の一つであるむかわ町を元気づけてくれました。

左から、レンコンズさん・桑原さん・大江さん・神田さん

詩やエッセイの朗読をしていただいた桑原さん。司会進行も務め、スタートから会場を盛り上げてくれ

ました。

アイドルになりたいをテーマにコントをしたレンコンズのお二人、会場は笑いに包まれました。

むかわ町出身の詩人、大江さんは会社員として仕事をしながら詩人としての活動を続けており、私家版

の発行や札幌市内を拠点に詩を朗読しています。

講談師、神田京子さんは金子みすゞさんをテーマに語ってくれました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

好晴のなか2022年鵡川大漁地蔵尊大祭2日目が開催!

8月24日(水)雲ひとつない晴天に恵まれ、2022年鵡川大漁地蔵尊大祭の本祭が開催されました。

2日目は宮戸小学校児童による「和太鼓」・「よさこい」からスタート。児童は宮戸小として最後

の披露となったため気合十分、元気いっぱいに披露。観客を沸かせました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、花相撲こどもの部は中止となりました。

宮戸小児童による和太鼓披露

宮戸小児童による「よさこい」披露

すごい筋肉!パワー!

「花相撲大人の部」

スケジュールにはなかったサプライズゲスト「大ちゃんのエレクトーン」

「マツケンサンバ」「ウルトラソウル」「虹」などを演奏。観客たちを沸かせました。

バルーンアーティスト「みゆき」さんのバルーンアート披露。子どもたちに大人気でした。

「類家 祐輔」さんによる大道芸。高難易度の技をどんどんと披露し

観客たちから歓声があがりました。

ギターを持参して参加する方もいました。

先着15名のカラオケ大会、受付開始から数分で定員に達する人気ぶり。小学生の子も参加し「残酷な天

使のテーゼ」を熱唱していました。

いもっぺ川での灯篭流し

どこにも引っかかることなく流れていきました。

「栗原ちあき」さんのショー、観客たちのボルテージも一気にあがり、自作の応援うちわやペンライト

を振るなど観客たちは熱気に包まれました。

「坂本冬休み」さんによるものまねステージで「夜桜お七」などを披露。この日最高の盛り上がりを見

せました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2022鵡川大漁地蔵尊大祭を3年ぶりに開催しました

 

8月23日、新型コロナウィルス感染拡大のため2020,2021年は祭事と花火の打ち上

げのみを行ってきましたが、今年は露店、ステージショーを復活し通常開催としま

した。しかしこのところの本町のコロナ感染状況を踏まえ、時間や祭事メニューを

一部変更し、感染防止対策を取りながらの開催となりました。

今年は入場入口を本堂正面1ヶ所とし、検温、手消毒をしてからの入場です。

本尊にお参りをする参拝者。

お参り後おみくじを求め運勢を確認。

この子は大吉でした。

こちらの二人は、女性が大吉、男性が半凶でした。半凶てあるの?

飲食エリアでも基本はマスク着用、黙食で会話時はマスク着用を呼びかけています。

対面を避けるためビニールで遮断、テーブル、手消毒のため各テーブルには除菌スプレーを配置。

若者はお茶、ジュースでも盛り上がっていました。

ステージショーを観賞する人も自然と間隔を取っているようです。

今年の露店は、北海道街商協同組合より23店舗、地元鵡川から4店舗の27店舗が祭り

を盛り上げています。

露店も女の子向けと男の子向けと分かれています?こちらは女の子用!!

何を買うか迷っている?

この子はくじ引きで豪華商品を狙っているようですが?

まつり定番のチョコバナナ 1本400円。

チョコバナナをほうばる・・・・。

ロングサイズのフライドポテト。

いくつあげますか?一つください!!

札幌市のアイヌ古式舞踊団の皆さん、平成13年道内各地から集まり結成され、鵡川に

も何度か公演に来町しています。今回は祭事などの時歌う歌2曲と踊り5曲を踊ってくれました。

赤の羽織は東京オリンピックで着用したものだそうです。

民謡ショー。照英民謡三弦会&伊藤雅仁民謡三弦会の皆さん:苫小牧市在住。写真中

央の照英さんは小学3年生まで鵡川に住んでいたそうで、懐かしいと駆け付けた人も

沢山応援に来ていました。

照英さん。

伊藤雅仁さん。

花火を観賞する皆さん、スマホで撮影する人も・・・・。

来場者を誘導する警察官。

セブン横の駐車場は午後から満車状態が続きました。今日来場する方は指定の無料駐

車場をご利用ください。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


むかわ幸福寄席が帰って来ます

8月28日(日)3年前胆振東部地震で大きな被害を受けた本町へ慰問公演をしていた

だいた。詩人・桑原滝弥さんが妻であり講談師の神田京子さん、むかわ町出身の詩人・

大江那果さんらを連れて再び来町。詩や講談、コントなどでむかわを元気づけてくれます。

皆様のご来場をお待ちしています・・・・・ヽ(^o^)丿会場は法城寺でーーす。

※詳細は下のチラシをご覧ください、チラシをクリックすると少し大きくなります※

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2022鵡川大漁地蔵尊大祭が開催されます

8月23・24日、「イモッペ祭り」と親しまれている、鵡川大漁地蔵尊大祭が3年ぶ

に通常開催されます。今年は露店はもとより花火、ステージショーも盛り沢山。

宮戸小学校の児童の皆さんも最後の和太鼓・ヨサコイを披露します。

 皆様のご来場をお待ちしています。ヽ(。ゝω・)ノ☆;:*

※詳細は下のチラシをご覧ください、チラシをクリックすると少し大きくなります※

社殿正面(2,019・8・23撮影)

3年前はタピオカがブームでした(2019・8・23撮影)

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー


穂別流送まつりが開催されました

 

7月23日(土)第39回・穂別流送まつりが一日限りの日程で開催されました。この日

の午後3時頃までは雨予報でしたが、時々夏の日差しが照りつける絶好のまつり日和で、

多くの来場者(1500名)が3年ぶりの流送まつりを満喫しました。

検温・手消毒をし手首に布製ブレスレットを着用してから入場。

穂別小学校ホッピー音楽隊と全校児童の合唱でオープニング。

田代実行委員長挨拶:3年ぶりに開催でき大変嬉しい。これからも歴史ある祭りを続

けていきたい。皆さん最後まで楽しんでください!!

竹中町長、野田議長からも歓迎とお祝いの言葉が述べられました。

 

丸太切り競走:径20cmの丸太を5人1チームで切り落す競技。制限時間は

8分以内。優勝には高額賞金が贈呈されます。

丸太に足をかけヤル気満々。

切れたーーーー

もうすぐ切れそう。

切れたけど鋸に木が付いたまま、珍しい光景です。

この人は薄めにカット。

気合で切る。思わず振り返る相手チーム。

司会者も心配そうでしたが何とか切れました。

穂別高校の先生、生徒も不安そうに除きこんでいます。

ダントツのタイムで優勝は「三上塾 1」の1分32秒91でした。

成績表:優勝は三上塾1の1分32秒91=一人平均18秒6、最下位は穂別高校の7分22

秒53=一人平均1分28秒6でした。これまでは2分を切れば優勝と言われていましたが、

それを27秒も縮めた圧勝でした。

 

流送競技:例年川の中でしますが今年はコロナ感染防止ため町内の参集としたため、

これまで開催の半数回以上優勝してきた穂別農協青年部と半数回以上ブービー争いを

演じてきた役場チームによるエキシビションマッチを実施。明らかに力の差があるた

め農協チームは陸上でする場合の120mの通常距離、役場チームは100mと20mのハ

ンデースタート。

農協チーム、スタート20秒で後5mに接近

馬が間に合わないくらい順調にレースを運びます。

ほぼ並びました。

今年の役場チームは早いです。船頭のバランス感覚がいいのかな。

馬が長くなるということは船頭が落馬した時です。

勝負は農協チームが勝ちましたが、ゴール後は両チームともヘロヘロでした。

 

会場の雰囲気

 

おもちゃやカキ氷を求める子供人達。

むかわ竜グッズも販売。

流送まつりでは欠かせないヤマメのから揚げ、値段も一匹100円これも価格維持です。

コロナ感染防止のためお酒の提供は午後4時半から、町長もカキ氷でガマン!!

町長達もようやくビールがあたりました。

水鉄砲を買ってもらった子供はお父さんへ集中発射、この日は暑かったのでお父さんも子供も大喜び。

 

ステージ・プログラム

 

よさこい演舞:炎-HOMURAのみなさんも流送まつりには必ず来場し盛り上げてくれます。

穂別高校の生徒による学校祭ステージ発表!

みるみるさんのものまね歌謡ショー、十数人のものまね披露・喝采を浴びていました。

飛び入りで農協青年部のダンスパフォーマンスも・・・。

総合司会:久保田夕子さん軽妙なトークで終始和やかなステージショーや競技が進められました。

越善・前回実行委員長の締めの挨拶:3年前に田代委員長に引き継いだがコロナ感染

拡大で2年間出来なかった、これまで携わってきた人達も段々少なくなり、もう流送

まつりができなくなるのではないかと心配してきた。今年皆さんの協力と決断で開催

できたことに感謝している。来年は40回の節目になりいつまでも歴史ある祭りが引き

継がれることを願う。

花火:町民、企業、団体などの寄贈で1000発を打ち上げました。

最後のスターマイン、ナイヤガラの滝は圧巻でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年ぶりに穂別流送まつりが開催されます

 

7月23日(土)一日の日程で、3年ぶりに穂別流送まつりが開催されます。

雨模様ですが花火の打ち上げ頃迄には晴れてほしいですね。

詳細は下のチラシをご覧ください。チラシをクリックすると少し大きくなります。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 


HOJO(ほうじょう)フェスタを開催します

 

7月18日(祝月)町内大原の法城寺にて、お笑い芸人アップダウンと防災について考える

「HOJO(ほうじょう)フェスタ」が開催されます。楽しいステージショーに美味しい

グルメも沢山出店しますので是非ご来場ください。詳細は下のチラシをご覧ください!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 


鵡川でラフティング!!

 

6月11日(土)清流鵡川で川遊びラフティングを楽しみました。放課後子ども教室

では子供たちのやってみたい、もっとやりたいを教え、手伝い、実現させる活動を

通して大人と子どものふれあいを広げています。今回は、エンジョイ・サタディー

として鵡川、穂別両地区の小・中生を対象とし穂別平丘から穂別橋までの5kmの川

下りを実施しました。この日は21名の子ども達が時折小雨の降る中上からの水、下か

らの水の水遊びを満喫しました。

ゴムボートで川下りを楽しむ子ども達。途中何ヶ所か落差のある急流もあり笑顔が消えるかも?

浅瀬で流れの緩いところでは子ども達だけでボート遊びが楽しめます。

水鉄砲で水をかけあう子ども達。

大きい方は7~8人乗り、小さい方は2~3人乗り。

 

   ー追 伸 情 報ー

放課後子ども教室では、遊びや勉強、体力づくりをしていますのでお子様の登録をお待ちしています。

※チラシをクリックすると少し大きくなります※

子ども達と触れ合う地域先生も募集しています。詳細は下のチラシをご覧ください。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 


穂別アースギャラリーでライブが開催されます

 

6月18日(土)18時より、穂別アースギャラリーでライブが開催されます。

鵡川高校の先生であり、シンガーソングライターの山岸さんと穂別地区でイ

タリアンを営む、鈴木哲さんと以前より交流のあったシンガーソングライター

澤田さんと黒田さんをゲストに招き「Earth gallery LIVEVol1」を開催します

詳細は下のチラシをご覧ください。チラシをクリックすると少し大きくご覧いただけます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 


むかわ町穂別キャンプ場オープン

5月1日、ゴールデンウィークに合わせオープンした穂別キャンプ場、初日は雨模様

で来場者が少なかったが、2日以降は大小16棟あるバンガロはすべて予約済みオート

サイトも5割以上予約が入っている状況です。来場者の多くは苫小牧、千歳、札幌な

どの近隣市町からでリピーターも多く穂別のキャンプ場の特徴である山、川、橋と自

然を生かした施設と景観、遊び場がある所が人気と思います。

自前テントを張れるフリーエリア。

 

車を横付けできるオートエリア。

 

バンガロエリア、バンガロを借りても食事や雨対策にテントを張る人も。

穂別キャンプ場はバンガロ、フリーエリアには車の進入が出来ないのでリヤカーで

荷物の搬入をします。この日は22台のリヤカー全車貸し出し中。

 

 

リヤカーは子どもの遊び道具にもなります。

お姉ちゃんはテンション高め!!ボク低め!!

砂利の上では自転車乗りづらい・・・・・

朝食も終わり片付け?

大自然の中でバレーボール。

札幌市から二人キャンプ、男性は穂別出身です。

来場者が増えてきました。(5月3日午前10時頃)

国道274号、石勝樹海ロードは終日混雑していました(5月3日午前10時頃撮影)

 

 

 

ーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー