昨夜は「中秋の名月」皆さんお月見できました?

9月21日は十五夜、これは太陰太陽暦(旧暦)の8月15日の夜に見える月のことを

指すそうですが、日本では農業の行事と結びつき「芋名月」と呼ばれ太陽暦の9月

13日の月を「十三夜」と言い、この時期は空気が澄んでいて特に美しく見えること

から、中秋の名月としてめでる習慣となったそうで、平安時代に中国から伝わった

と言われています。

美しい満月です(9月21日午後6時40分頃:むかわ町穂別、手前の建物は穂別診療所)

時間と共に雲が出始め8時過ぎには完全に雲に遮られてしまいました

ーーーーーーーーーーーーーーこの項目おわりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緊急事態宣言30日まで延長 コロナ情報第10弾

 

9月9日現在、21都道府県に発令中の緊急事態宣言を宮城、岡山県を除き9月30日

まで延長することを決定、国は新たな解除基準に「医療逼迫状況を重視し重傷者、

中等症者が減少傾向にある」を追加した。北海道はこれまで3回(3回目は8月27日

~9月12日)の宣言を受けており、このところ減少傾向にあるものの知事の要望や

札幌市の感染状況(指数)を重視し決定した。いずれにしても若い人にも早くワク

チン接種が進み、せめてワクチン接種者や陰性であることの証明ができる人の自由

度認めてもらいたいものです。

北海道の9月9日までの感染者は58,605人、死者は1,460人で今年に入り45,163人

の増、死者も1,007人の増です。むかわ町でも7名の方が亡くなっています。このウ

ィルスの厄介なのは自覚症状のない方や軽症者からも感染すること、さらにワクチン

接種者にも感染することです。ウィルスも変異をしデルタ株と言われる強い感染力の

あるウィルスへと変異していくことです。今朝10代の人が亡くなったとの報道があり

ました。若い人は感染しても軽症で重症化しないと言われますが一概には言えないよ

うです。若いから大丈夫と安心せず機会があれば積極的に接種しましょう。

   それが自身、家族を守ることになります。

9月30日まで緊急事態宣言が延長される都道府県

東京、大阪、京都、神奈川、埼玉、千葉、福岡、愛知、沖縄、茨城、栃木、群馬、静岡、

岐阜、三重、兵庫、滋賀、広島の1都2府15県。

まん延防止等重点措置の県

宮城、岡山が緊急から移行、福島、石川、香川、鹿児島、宮崎、熊本の8県。富山、山梨

など17県が解除となる。

世界で感染者の多い国は米国、インド、ブラジルと続き上位10ケ国で1億3千7百12万人

で全世界の62%を占めています。世界では2億2千百96万4千人で毎日40万人以上の感染者

、死者も4百58万6千人、毎日7千人ほどが亡くなっています。

ワクチン接種が進んでいる先進国でも収束の兆しが見えてません、途上国の数字、状況を推

測すると世界的な収束は何時になるか見通せない状況です。特効薬の開発、コロナと如何に

共存するかが求められるのでは。

 

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

今年の夏を振返って

雨が少なく高温だった今年の夏、農作物ではジャガイモ、玉ねぎなどは小さ目で

カボチャも玉つきが悪かったようです。これから本格的に始まる米は例年並みの

ようです。今年30℃以上の夏日を記録した日は、6月10日=30.9℃ 7月16日~

21日(6日間) 7月21日~8月9日(13日間)の合計20日間でした。

因みに昨年は、7月=1日、8月=5日、9月=2日の8日間でした。

穂別橋付近の自動温度測定器(8月5日撮影)


ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

胆振東部地震から3年が経過しました

 

2018年9月6日(木)午前3時7分に発生した「北海道胆振東部地震」はむかわ町民が

初めて体験した、マグニチュード6.7、震度6強の揺れでした。穂別地区で1名の死者、

274人の負傷者が、建物、家屋の全壊、半壊も4100件以上となり、地震後の停電、断水、

避難所での生活など不自由・不便の生活を経験しました。3年が経ち復興・復旧が進みま

したが街中の空地の多さは解消されそうもありません。過疎、人口減少が続くむかわ町で

すが、少しでも空地が無くなることを願います。

解体前のJA穂別支所(2018.12.14撮影)

解体後のJA穂別支所(2019.9.9撮影)

解体前のむかわ町商工会穂別支所(2018.1.14撮影)

解体後のむかわ町商工会穂別支所(2018.12.25撮影)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

姉妹都市・砺波市情報『広報となみ9月号』

 

今月の気になる記事は3ページの、コロナウィルス感染拡大防止の記事と5ページの

健康長寿3つの柱記事です。9月20日は敬老の日、みなさんで健康長寿をお祝いしまし

ょう。健康には栄養、運動、社会参加も重要であると書いています。この3つの柱を実

践し、コロナに感染せず健康な毎日を送りましょう!


広報となみは下のアドレスをクリックするとご覧いただけます

広報となみ9月号(PDF形式:10.1 MB)

  •   
  • ※↑↓ページをクリックすると大きくご覧いただけます※

情報NO 96号

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

増々感染が広がるコロナウィルス 第9弾

 

8月16日現在のコロナウィルス感染状況は、日本全体が感染拡大中で新たに京都、

静岡、栃木など7府県が緊急事態宣言地域に指定されます。北海道も来月12日まで

まん延防止地域の延長が決まりました。芸能界でも感染者が毎日報道され、これか

らは自宅療養が原則となることから一層の不安が増しています。

苫小牧ではアイスホッケーの大会でクラスターが発生、多くの方が濃厚接触者と認定

され市役所業務一部閉鎖の報道があました。近隣町の本町も他人事ではありません。

とにかく一刻も早く皆さんが、特に若い方がワクチンの接種を受けなければこれまで

の生活には戻れないようです。

北海道は7月29日から感染者が一日当り200人超え、今日にも5万人超えとなるようです。

全国でも8月12日には一日当たりの感染者が2万人超え合計でも116万人を超えています。

加えて重症者も全国的に増加し道内の死者は1,430人、全国では15,450人です。

胆振地区も毎日二桁の感染者が報告されています。ワクチンを打たれた方も罹患しますの

でマスク着用、手消毒、3密を避けた行動をしましょう。

アメリカは毎日10万人以上、イギリスも規制措置を止めたことから一日当り2~3万人

の感染者、世界では毎日80万人が罹患し、一万人前後が死亡しています。

 注:8月16日の日本以外の数字は新聞休刊日のため15日の数字を記載しています。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

東京2020パラリンピック採火式を行いました


8月12日(木)、東京2020パラリンピック採火式が穂別博物館前庭で行われました。

むかわ町では棒と板の摩擦で発火させるマイギリ式により採火を実施しました。

町内の小中学生4名が2チームに分かれて火を生み出し、その火は胆振身体障害者福祉協会むかわ支部の

メンバー2名によってキャンドルでランタンへ移されました。

採火された火は、道内21市町村で起こされた火とともに札幌で集火をし、東京へ届けられ、パラリンピ

ックの火を灯すことになります。


写真:実行委員会佐藤会長の挨拶「大会のシンボルとして灯す火をここむかわで、むかわのそして日本の

   時代を担う小中学生4名により行われる。パラリンピックの根底に流れるものとして、勇気、強い    

   意志インスピレーション、公平、これらのものを誰もが誰にも区別なく手を差し伸べあい、住み

   よい社会になることを祈念します」

写真:竹中町長挨拶「コロナ過で制約のあるパラリンピック、採火式でありますが、出場される選手に皆

   さんの声援がしっかりと届き、未来につなぐ大会になれば」

 

写真:マイギリ式火おこしスタート

 

写真:連続で回転し始めたら、徐々に力を込めて早く回してく

 

写真:煙が出てきました

 

写真:「もう少し!慌てないで!」スタッフにも力が入ります

 

写真:火種が黒く固まり一部分が赤くなっています

 

写真:スタッフが強く息を吹きかけ火種を大きくします

 

写真:生み出された火はキャンドルへ

 

写真:キャンドルからランタンへ移されました

 

 

写真:スタッフたちの掛け声に合わせながら回転

 

写真:がんばれ!もう少し!最後まであきらめない姿に関係者も感動しています

 

写真:2つめの火もランタンへ移されました

 

写真:採火者、むかわ町民、関係者のみなさんが思いを込めて灯した火を東京2020パラリンピック会

   場へ届けます!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わり(8/13記)ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

災害時等の炊き出し業務の協力協定を締結しました

 

8月11日、むかわ町の学校給食の調理配膳をしている、株式会社日総とむかわ町は

大規模災害時等の際、避難者へ炊き出し供給体制の充実を図ることを目的に協定

結びました。

 

協定書に署名をする、株式会社日総平井英司代表取締役:左 むかわ町長竹中喜之:右

竹中町長挨拶:常日頃地域に寄り添った業務をされ、本町の学校給食に尽力いただい

ている日総さんの災害時の支援協力に感謝しいたします。北海道胆振東部地震から間

もなく3年を迎えます。町では第2次町づくりを進め徐々に復興の形が見えてきている。

今後も起こり得る大きな災害時に、温かい食事の提供ができることに期待している。

また、日総さんには旧生田小学校を活用しての、外国人技能実習生養成事業についても、

協力関係を強化していきたい。

 

平井代表取締役挨拶:むかわ町さんとは日頃よりお付き合いをさせていただき叱咤激励

の言葉もいただいている。日総としても幅広い要請要望に応えていきたい。災害時には

学校給食提供分の500名位の食事の炊き出しが可能と考えている。旧生田小学校の活用

については、30名程の宿泊研修の許可が下りているが、コロナの感染拡大で延期になっ

ており秋以降にずれこむ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

戦没者追悼式が行われました

昨年は新型コロナウィルス感染防止で中止した、戦没者追悼式が8月6日2年ぶりに穂別町民

センターで行われ遺族、関係者が出席し厳かに執り行われました。

終戦後76年が経ち遺族の高齢化が進み、今年度の遺族数は48名中・15名の参列でした。

むかわ町長竹中喜之式辞:戦没者の御霊に感謝し、不戦の誓いとむかわ町の繁栄、

末永い平安を祈る。北海道知事(代読)、小坂利政町議会議長、北海道連合遺族会(代読)

の追悼の言葉があり、その後全員で献花を行った。

献花をする遺族の方々

むかわ町遺族会会長:松田明雄氏のお礼の挨拶

 

【8月5日 鵡川地区戦没者追悼式

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姉妹都市・砺波市情報『広報となみ8月号』

 

今月の気になる記事は5ページの、みんなで実践!となベジプロジェクトです。

食事の際野菜から食べることで血糖値の上昇を抑え糖尿病の予防や動脈硬化を予防

することです。食べ物の順番を変えることで病気の予防効果があるですから是非皆

さん実践してはいかがでしょうか。

広報となみは下のアドレスをクリックするとご覧いただけます

  • 広報となみ8月号(PDF形式:7.5 MB)
  • ※↑↓ページをクリックすると大きくご覧いただけます※

情報NO 95号

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

穂別市街『進化の道』が綺麗になりました

経年劣化や胆振東部地震で路面の凹凸が激しかった進化の道、この度穂別総合支所

前~穂別郵便局前=500m、セイコーマート~稲里方向へ=300m区間を舗装表面

を削り新たに舗装を被せました。

白線が眩しいくらいハッキリと

穂別郵便局前、この先は来年?

セイコーマート前から稲里へ

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルス過去最大で感染拡大中 :第8弾 

感染抑制の要素も見当たらない中、7月23日東京オリンピックが始まりました。

初日からメダルラッシュに沸いていますが、感染者数が過去最大を更新、東京で

は7月29日=3177人、8月1日=4058人と増加し全国でも8月1日には10177人と

1万人超え、中でも感染力の強いデルタ株の感染者が急増中。むかわ町でも8月2日、

4名の感染が報じらています。国では昨年に続き旅行の自粛、お盆の帰省はしないな

どの対策を示していますが・・・・・

全国民のワクチン接種が進まなければ収まりそうもありません。ワクチンを打った方

も含め日常的な感染対策をシッカリしましょう。マスク着用、手消毒、3密を避ける

ことが自身、家族、職場を守ることになります。

北海道では7月20日以降再び100人超えに増加、札幌市などまん延防止地域に指定。

世界で一番感染者の多いアメリカでは毎日3万に以上の感染者があり、イギリスでは

コロナと共存することを選択し国民への自粛や規制を求めるのを止めています。

したがって毎日2万人以上の感染者が報告されたいます。

ーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかわ町応援大使(PR)に

    『金野英津子』さんが就任しました

 

7月26日、むかわ町が今年から進めている応援PR大使に札幌市の金野英津子氏を

選任し委嘱状を交付しました。

金野さんは以前からむかわ町に関心があり、胆振東部地震以降特に気にかけていて

度々本町を訪れ、昨年からの新型コロナウィルス感染拡大からはマスク不足を知

り情報提供に協力していただき、必要量の確保ができました。

金野さんは本町だけでなく北海道や札幌市の応援大使もされており、広く大きな

ネットワークがありこの人脈を活かしむかわ町の特産品、イベント、観光振興、

町づくりなどへの提言助言をしていただきます。

金野英津子さん:イベント企画会社経営(札幌市在住)

竹中町長より委嘱状の交付を受けました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

むかわ町穂別・今年2度目・藤の花が咲きました

連日の真夏日(30℃)で藤も驚いたのか5月以来、2度目の開花。

40cm程の房が2つ咲いています

20日以上雨が降っていないので多年草の花は元気良く咲いていますが、マリーゴールド

やサルビアなどは水を与えないと枯れる恐れがあるので花壇の点検を!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小型無人ヘリコプターで防除作業

 

むかわ町穂別稲里で小型無人ヘリコプターを使って水田に防除作業をしていました。

最近は農作業の負担軽減や効率化からヘリコプターを使い農薬を散布しています。

 

 

操縦は畦畔で・・・

 

 

ーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

むかわ町穂別3日連続の真夏日です

7月18日(日)むかわ町穂別:金曜日=30.4℃ 土曜日=30.9℃ 今日=33.0℃ 

と3日連続で真夏日を記録しています。食中毒警報も出ています。コロナウィルス

熱中症にも注意して下さい!!

穂別橋付近の自動温度測定器は33度を記録しています(正式には明日掲載します)

※気象庁の記録は33.3℃でした※

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルス感染から1年半が経過しました

日本では昨年1月16日に初めて感染が確認されて以来感染の収束が見えません、

これまで3度の緊急事態宣言、まん延防止等措置が取られてきましたが、東京、

神奈川など首都県、大阪でも増加傾向にありオリッピックを控え予断を許さない

状況です。幸い北海道では6月13日以降感染者は100人以下、6月21日以降は14日

連続で50人を下回っています。むかわ町も高齢者福祉施設でクラスターが発生し50

名以上の入居者や職員が感染しましたが、現在は収束に向かっています。

5月の20日からワクチン接種が始まり高齢者への接種は間もなく終わり、一般の人

への接種受付も始まりましたので、希望される方には先の希望が見えたのではない

でしょうか。いづれにしても日本、世界の収束はまだ々先、ワクチン接種が終わっ

ても感染対策はシッカリしましょう。

胆振管内も6月6日以降10人以下が続いています

世界では未だ毎日40万人以上が感染し8千人前後の方が亡くなっています。イギリス

ではワクチン接種で一時期感染者が一日2000人まで減少しましたが、現在はインド型

変異株により増加傾向にあります。コロナウィルスが沈静化しているのは、中国と北朝

鮮だけです。安心・安全な世界はまだ先です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

景観形成事業 今年もまちが彩られています

 

まちをきれいに美しく♪今年も綺麗な花壇が完成しました☆(一部紹介します)

 

【鵡川高校生による環境美化活動 鵡川インター入り口】

 

【川東地域資源保全協力会 汐見営農区】

 

【川東地域資源保全協力会 生田営農区】

 

【川東地域資源保全協力会 曙営農区】

 

【栄和地域資源保全協力会】

 

【栄和地域資源保全協力会・むかわ町穂別地域広域協定運営委員会(似湾沢地区)】

 

【むかわ町穂別地域広域協定運営委員会 豊和地区】

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目おわり(7/1記)ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

穂別市街『進化の道』花の植替えが終わりました

6月26日(土)穂別市街連合自治会では花壇の花をパンジーから夏、秋の花ベゴニア

に植え替えました。今年は色とりどりのベゴニア1種にしてみました。

植替え終了

植替えと合わせ草取り清掃も・・・

この日は気温も上がりツーリング日和、札幌ナンバーの30台以上のオートバイの

一団が休憩中でした。

ーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー

姉妹都市・砺波市情報『広報となみ7月号』

 

今月の気になる記事は新型コロナウィルスの感染拡大防止に努めながら、イベントを

開催したり、延期したりしている様子がうかがえれるイベント・行事の案内記事です。

むかわ町も殆どのイベント・行事が中止となり昨年同様寂しい状況が続いています。

広報となみは下のアドレスをクリックするとご覧いただけます

情報NO 94号

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

むかわ町穂別・昨日は真夏日

2日前に夏日を観測したばかりのこの日(6月10日)、今度は昨年より40日早い真夏日30.9℃

を記録しました。因みに、昨年の最初の真夏日は7月20日の30.5℃、最後は9月8日の31.6℃、

これからが夏本番!!

穂別橋付近の自動温度測定器(6月10日 午後2時頃)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかわ町穂別今年初めての夏日

6月8日(火)朝から気温が上がり正午頃25℃を超え今年初めての夏日を記録、昨年

より11日(5月29日)遅い観測です。気象庁の記録では25.5℃でした)

穂別橋付近の自動温度計は26℃(6月8日午後1時)

夕張岳の残雪もわずか・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

姉妹都市・砺波市情報『広報となみ6月号』

 

今月の気になる記事は表紙を飾る2年ぶりに開催するチューリップフェアです。

今回節目の70回記念であり、本来であれば盛大に開催するところを、通常のコロナ

対策はもとより「時間と空間の密」を避けての開催。航空自衛隊のブルーインパル

ス展示飛行がメインの企画でした。

広報となみは下のアドレスをクリックするとご覧いただけます

情報NO 93号

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

ギョウジャニンニクの花が満開

むかわ町穂別市街の藤江晃さん宅の庭先のギョウジャニンニクの花が満開です。

自生している花はなかなか見ることがないのですがすが、住宅の周りに植えているので

見ることのできる珍しい花です。

シロツメ草の花の様な、ネギ坊主の様な、5月31日撮影:食べるには遅すぎるので・・・・・

ーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

満月時の皆既月食が観測されました

 

5月26日、全国的に皆既月食が観測され、むかわ町穂別では午後8時頃から始まった

欠け始めは雲で見ることができませんでしたが、復活時は雲も無く綺麗に見ることが

できました。この夜は満月での月食、さらに24年ぶりのスーパームーン(1年に満月

は12~13回あり、そのなかで1番大きく見える満月のことをいう)

  次回は12年後だそうです

 

1時間ほどで復活、写真をクリックすると大きくご覧いただけます

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

新型コロナ感染・クラスター発生

むかわ町穂別の特別養護老人ホームでクラスターが発生、この施設では5月18日、

3名の入居者の感染が初めて発生、今日までで23人の職員と入居者の感染が確認さ

クラスターと認定されました。

全国、全道でも感染者の発生が高止まりの状態で、現在だされている3回目の緊急事態

宣言も、さらに延長される見通しから我慢、自粛、3密対策は当分続きそうです。

 

上の表をクリックすると大きくご覧いただけます

 

ーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

むかわ町新型コロナワクチンの接種が始まる

 

5月20日(木)むかわ町で高齢者へのワクチン接種が始まりました。この日、鵡川地区は四季の館の職員が新型コロナウィルスに感染したことから、急きょ接種会場を四季の館から町民体育館へ変更し180名へ接種予定、穂別地区はふれあい健康センターで80名に接種予定。午後1時から受付時間を時間差で案内されている人達が来場し、手順良く接種を済ませ15分の安静後に帰宅しました。

 

(穂別地区会場)

受付

受付後問診書の確認、医師の診断を経て・・・・・・接種。

接種はあっという間に終了、今日はこの後過激な運動はしないようにとのこと。

注:ワクチンはファイザー製です。

帰りの際、2回目の予定が渡されました。3週間後の6月10日です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

むかわ町宮戸で幻想的な自然現象発生

5月17日、むかわ町宮戸の道道穂別鵡川線を走行中に幻想的な自然現象に遭遇、

地上温が高いところへ海からの冷たい潮風が入ってきたことにより起こるものです。

注:北海道では「けあらし」ともいうが本来は、気温が低い冬の早朝から午前にか

けて川や湖などの水面に現れる現象。気象用語では「蒸気霧」という。

むかわ町宮戸、宮戸小付近(5月17日 14:15頃)

地上温度は14℃、道道穂別鵡川線を穂別方向へ走行中

 

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで楽しまれてきた『藤』の木がなくなりました

毎年この時期になると見事な花を付けていた、むかわ町宮戸の川窪さん(セイコーマート横)

の庭にあった、藤の木が無くなっていました。

写真右側にありました。

1本の木から左右に枝を広げ50m以上ありました(上の写真は、2020年6月1日撮影)

庭は綺麗に手入れされています。今は、チューリップが見ごろ。

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライオンズクラブの皆さんが花植えをしました

5月17日、むかわライオンズクラブ(会長:小坂直江さん会員33名)の皆さんが、

毎年植栽している鵡川交番前と、今年からJAむかわの事務所前の花壇にサルビア、

マリーゴールド、ベゴニアなど680株を植えました。

また、穂別地区の愛誠園にも毎年、200株の花を提供しています。

水糸を張り真直ぐに・・・

これはダスィーミラー「和名:白妙菊=シロタエギク」と言う花だそうです。

主に葉を観賞するのですが花も咲きます。

植え終わったら周囲の掃除も怠りません。

交番前完了、これから大通りに彩りを添えてくれます。秋には植替えをします。

JAむかわの事務所前の花壇。手前の丸く植えていないところはマンホールがあるためです。

この日は7名で1時間ほどで終了、お疲れ様でした∩^ω^∩

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルス感染拡大・第5弾!!

北海道が今日から5月31日まで緊急緊急事態宣言地域になりました。これで全国では

東京、大阪、京都、愛知、兵庫、福岡、岡山、広島の9都道府県、まん延防止地域が

埼玉、神奈川、千葉など10県となりました。ゴールデンウィーク期間中・皆さん自粛

されたと思いますが、感染拡大は全国的に収まりそうもありません。

むかわ町でも5月14日二人目の感染者が確認されました。とにかく皆さん対策疲れもあ

ると思いますが、今一度気を引き締めて感染防止対策をシッカリしましょう!!

北海道はゴールデンウィーク期間中の5月3日に326人、10日=506人、13日=529人、

14日=712人と過去最高を更新し、その後も毎日500人以上の感染者が報告されていま

す。胆振地方も、一桁台の感染者が5月9日からは二桁台、ここ3日間では30人前後です。

※上の表をクリックすると大きくご覧いただけます。※

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルス感染状況・第4弾

5月13日までの情報で、北海道は過去最多の感染者数をだしました。胆振地方でも

これまで一日の感染者数が一桁台であったのが5月9日から10人以上で11日と13日

は過去最多の18人となり合計で1000人を超えました。

むかわ町でも何時、誰が、何処で感染してもおかしくない状況のようです。

皆さん、密のところを避け、マスク着用、手消毒、周囲の除菌をしましょう。

※上のデーダはクリックすると大きくご覧いただけます※

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルス感染拡大中!!

3度目の緊急事態宣言(北海道は蔓延防止宣言)中のゴールデンウィーク、今年も

皆さん旅行や帰省、外出自粛をしたことと思います。北海道も感染者の増加が止ま

りません、胆振地方もこのところ毎日10人以上の感染者が出ており、私達の周りに、

何時感染者が出てもおかしくない状況です。最初の頃は若者は罹りずらく重症化しな

いといわれていましたが、今の変異株ウィルスは若者も重症化しています。

むかわ町では間もなく高齢者へのワクチン接種が始まりますが、希望する皆さんへの

接種が終わるのはまだまだ先です、もうしばらく感染対策をシッカリし我慢・自粛の

生活をしなければなりません。

下、北海道は3日連続で400人以上の感染者が出ています。(14日更新しました)

※↑↓画像をクリックすると大きくご覧いただけます※

インドでは毎日40万人近い感染者が報告されたいます。

注:英国欄の赤字はトルコの数字です。

 

ーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかわ町穂別・今年2度目の気温20℃超え

5月7日(金)オホークス海側で今年初めての夏日(25℃以上)になるとの予報がでていますが、

むかわ町穂別でも今年2度目の20℃超えになりそうです。結果は明日確認します。

昨日は22.3℃でした。鵡川地区では今年初めて20℃超えの21.1でした。(5月8日記載)

穂別橋付近の自動温度測定器(5月7日午後1時撮影)

真っ白だった夕張岳も黒い部分が多くなりました(5月7日午後1時撮影)

穂別橋左岸側入り口・右・の花壇、アンモナイトをイメージして造られています

穂別橋左岸側入り口・左・の花壇、二枚貝をイメージして造られています

注:川の右岸、左岸は、川下に向かって、右が=右岸 左が=左岸

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

穂別・旧和泉小学校前の桜が満開です

4月29日(木)道道穂別鵡川線沿い、旧和泉小学校前の桜が一昨日からの陽気で今日

一機に開花、今年は例年に比べ何処も一週間ほど早い開花となっています。ゴールデ

ンウィークの前半は雨模様・・・コロナで旅行や密集地への外出もできないのでせめ

てドライブによる花見見物はいかがでしょうか?

旧和泉小学校前前後500mが見ごろです。

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

穂別市街の皆さんが道路清掃と花植えをしました

 

4月24日(土)穂別市街連合自治会の皆さんが毎年恒例の道路清掃と道道・「進化の道」

添いの花壇にパンジー、2100株を植えました。

床作りは男性の手で

植えるのは女性が丁寧に・・・・・

植栽完了(以上双葉地区)

乾燥注意報が出ていたので砂煙がすごい(共和地区)

柏地区は距離が長く道路清掃大変です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかわ町穂別・今年初めて気温20℃超え

4月23日(金)むかわ町穂別・今年初めて気温20℃超え全道で1番とのマスコミ報道がありました。

昨年(2020)は、5月3日の23.5℃が最初の20℃超えでした。(2019年は4月17日の20.8℃)

9時30分時は、まだ17℃(穂別橋付近の自動温度測定器)

 

 

 

4月25日追加・・・・・・

穂別つつじ山公園の桜、蕾の先がピンク色になり間もなく開花!!

ーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかわ町建設協会の皆さんが道路清掃を行いました

 

4月22日、むかわ町建設協会・穂別地区の皆さんが道路清掃を行いました。

この日は、タイヤショベル2台、路面清掃車1台、4トンダンプ1台の車両と多くの会員の方が参加し、

町道市街東2条通り・山手線に溜まった砂利やゴミを長時間にわたりきれいに清掃していただきました。

ありがとうございます!

 

写真:道路縁の砂利やゴミの掃き出しを行うみなさん

 

写真:角も丁寧に☆

 

写真:まとまった砂利やゴミをタイヤショベルに収集

 

写真:路面清掃車で道路縁をきれいに清掃

 

写真:このような活動で道路がきれいに保たれています(*^_^*)ゴミ捨てのマナーを守りましょう☆

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わり(4/22記)ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

むかわ町穂別・こぶしが開花

 

4月21日(水)昨年より6日早くこぶしが咲きました。一昨年より8日早い開花です。

 

開花の始まったこぶし(穂別、ニサナイ地区 4月21日午後3時30分)

開花の始まったこぶし(穂別、ニサナイ地区 4月21日午後3時30分)

モクレンも開花(穂別、中村記念館前・宮腰宅 4月21日午前11時30分)

モクレンも開花(穂別、中村記念館前・宮腰宅 4月21日午前11時30分)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

北海道大学総合博物館の小林快次教授が

文部科学大臣表彰を受賞しました

 

北海道大学総合博物館の小林快次教授は4月14日、「本邦初大型恐竜全身骨格化石発見と恐竜の生態に

おける研究」において、科学技術分野の優れた功績をたたえる令和3年度の文部科学大臣表彰「科学技術

賞 研究部門」を受賞しました。

大型恐竜全身骨格化石とは「むかわ竜(カムイサウルス・ジャポニクス)」のことであり、このように恐

竜研究に対する功績が認められたことは日本における恐竜研究史に大きな足跡が残されることとなり、研

究者を目指す子どもたちにも関心が高まることと思います。

                                    情報提供:むかわ町役場経済恐竜ワールド戦略室

 

文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を「科学技術分

野の文部科学大臣表彰」として顕彰しており、「科学技術賞 研究部門」では、日本の科学技術の発展等

に寄与する可能性の高い独創的な研究または開発を行った者を対象とし、令和3年度では応募件数186

件、授賞件数45件(57名)が受賞しました。

 

写真:2019年9月「むかわ竜」学名発表報道会見

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わり(4/20記)ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

姉妹都市・砺波市情報『広報となみ4月号』

 

今月の気になる記事は36ページのイベントの記事です。全国的に新型コロナウィルス

感染の第4波であると専門者会議で云われている中、砺波市ではチューリップフェアを

開催予定のようです。屋外がメインのイベントではあるものの感染対策をしっかりする

ことが求められます。

広報となみは下のアドレスをクリックするとご覧いただけます

情報NO 92号

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

むかわ町穂別・早くも紫つつじ開花

2年続きの少雪、暖冬でむかわ町穂別では早くも紫つつじが開花、4月14日の開花は

去年の4月22日より8日早く、一昨年より10日早い開花です。

開花したつつじ、2分咲き?(穂別市街柏地区・中田家の庭 4月14日午後3時撮影)

冬囲いが外される前に・・・・・(つつじ山公園:4月14日午後3時撮影)

ーーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JR日高線・鵡川~様似間が廃線になりました

 

令和3年3月31日をもって、JR日高線の鵡川~様似間(116km)が廃線になりました。

この区間は2015年(H27)1月の高波被害を受けて以来、復旧に多額の費用が掛かるこ

とや赤字路線であることから、5年以上運休していましたが昨日廃線となりました。

今日から代替バスが運行、鵡川~苫小牧間はこれまで通り列車が運行しますが、今後、赤

字路線であることから利用促進が課題となります。

鵡川駅に掲げられた「ありがとう!日高線 鵡川-様似間」の看板

右、緑の屋根の鵡川駅から奥が廃線となった日高線

苫小牧へ向けて出発した列車(R3年4月1日午前11時00分)

駅構内には想い出のパネルも・・・・・

上の写真は写真をクリックすると大きくご覧いただけます

災害を受ける前に町内汐見を走る列車(2014年11月撮影)

 

 

ーーーーーーーーーーーこの項目終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー