・ 2017年12月21日

平成29年11・12月分

穂別少年消防クラブ 2017年12月21日

11・12月の活動報告をいたします。


11月は当初9月に行う予定だった
救急訓練を実施しました。
救急訓練といえば、まず思い浮かべるのが
「心肺蘇生法」だと思います。
昨年も同じ内容で行いましたが、
「いざ」と言うときに役立つもので
繰り返し行っていないと忘れてしまいます。
そこで、今年も手順を1つ1つ確認しながら行いました。


①まず、倒れている人に声を掛けます



②返事が無ければ助けを呼んで、
 119番とAEDの手配をします



③次に呼吸があるか確認します



④呼吸が無ければ、心臓マッサージを行います



⑤心臓マッサージ30回と人工呼吸2回を繰り返し



⑥AEDを持ってきたら、直ちに装着して
 音声に従って操作します

⑦その後、救急隊が到着するまで
 心臓マッサージと人工呼吸を行います。


次に三角巾を使った怪我に対する処置の方法です。

なかなか救急の現場で行うことが少ないですが、

特別な道具を使うわけではないので

覚えておくと応用が利くという点があります。



そして12月1日にクラブ員とその父母で食事会を開き
今年の活動に対してねぎらっていただきました。


以上で今年の活動は終了いたしました。

今年は通常の活動が少なく訓練も太鼓の練習も
もう少し行いたかったと感じています。
来年は訓練等も思考をこらし取り組んでいくとともに、
災害の無い年になればと思っています。

2017年12月21日 | コメント(0)